×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

環境測量士の仕事と受験方法

環境計量士

環境計量士は、あまり知られていませんが計量に関する専門知識や技術を証明する国家資格で環境問題に密接に関わってくる資格です。資格には2種類があり、水質や大気の汚染濃度を測定分析する濃度関係と騒音などの測定分析をする騒音・振動関係に分かれます。


環境計量士の主な就職先としては、分析会社や環境計量証明事務所になります。役所では分析だけで法律で裏打ちされた計量証明書がなければ通用しません。計量証明書を発行するには分析機関を計量事業所として役所に登録しますが、環境測量士が在籍して測定を担当しなくてはなりません。


試験は筆記試験で、問題は4科目で1科目につき25問で5肢択一式です。願書の受付は10月中旬から末まで、試験は翌年の3月初旬に行われます。合格すると翌年の5月に官報、及び経済産業省ホームページに掲載され合格証書が郵送されます(平成19年10月時点)


試験はやや高い難度で合格率は20%前後です。そのニーズは環境問題への関心の高まりに応じて今後も増えることでしょう。経済産業省のホームページなどで研究してみませんか?この資格だけで就職を決めるのは難しいのが現状ですが資格手当も期待できます。


環境問題に深く関わる資格

環境計量士という環境問題に深く関わる資格があるのはご存知ですか?資格には水質や大気の汚染濃度を測定分析する濃度関係と騒音などの測定分析をする騒音・振動関係の2種類があります。環境測量士は計量に関する専門知識や技術を証明する国家資格なのです。


資格取得後の就職先としては、環境計量証明事務所や分析会社が考えられます。そうした会社でも、法律の裏づけのある計量証明書がなければ役所では通用しないからです。その計量証明書を発行出来るのは役所に登録された計量事業所だけですが、環境測量士が在籍して測定する事が必須条件になります。


試験は筆記試験で、問題は4科目で1科目につき25問で5肢択一式です。願書の受付は10月中旬から末まで、試験は翌年の3月初旬に行われます。合格すると翌年の5月に官報、及び経済産業省ホームページに掲載され合格証書が郵送されます(平成19年10月時点)


合格率は2割前後と試験としてはやや難度は高いようです。環境問題への関心は高まっていますので今後もニーズは増えることでしょう。詳しい試験要綱は経済産業省のホームページに出ています。この資格だけで就職を決めるのは難しいのが現状ですが資格手当も期待できます。


資格を活かせる就職先

環境計量士は、環境問題に密接に関わってくる資格です。知名度は高くありませんが計量に関する専門知識や技術を証明する国家資格で資格には2種類があり、水質や大気の汚染濃度を測定分析する濃度関係と騒音などの測定分析をする騒音・振動関係に分かれます。


資格を活かせる就職先は分析会社や環境計量証明事務所ですが、法律で裏打ちされた計量証明書がなければ役所は信用してくれません。その計量証明書を発行するには、分析機関を計量事業所として役所に登録する必要がありますが、環境測量士が在籍して測定を担当しなくてはなりません。


試験は筆記試験で、問題は4科目で1科目につき25問で5肢択一式です。願書の受付は10月中旬から末まで、試験は翌年の3月初旬に行われます。合格すると翌年の5月に官報、及び経済産業省ホームページに掲載され合格証書が郵送されます(平成19年10月時点)


合格率は2割前後と試験としてはやや難度は高いようです。環境問題への関心は高まっていますので今後もニーズは増えることでしょう。詳しい試験要綱は経済産業省のホームページに出ています。この資格だけで就職を決めるのは難しいのが現状ですが資格手当も期待できます。